「goo」で、ぺ・ヨンジュン主演の大ヒット韓国ドラマ「太王四神記」を配信開始 ~テレビでは放送されなかったキャストのインタビュー・メイキング映像も同時に配信~

平成20年12月2日

お知らせ

NTTレゾナント株式会社

「goo」で、ぺ・ヨンジュン主演の大ヒット韓国ドラマ
「太王四神記」を配信開始

~テレビでは放送されなかったキャストのインタビュー・メイキング映像も同時に配信~
URL:http://bb.goo.ne.jp/special/brokore/taioushijinki/
 NTTレゾナント株式会社(*1本社:東京都千代田区、代表取締役社長:中嶋 孝夫)は、インターネットポータルサイト「goo」」(*2)で提供中の、「gooブロードバンドナビ」において、本日より、ぺ・ヨンジュン主演の人気韓国ドラマ「太王四神記(たいおうしじんき)」(全24話)(製作:2007年 TSG Production Company LLC)の本編(韓国放送オリジナル版)をノーカットで配信開始します。
またテレビでは放送されなかったキャストのインタビューのほか、今後、キャストによる撮影シーンの解説映像も配信する予定です。
1.「太王四神記」について
「太王四神記(たいおうしじんき)」は、日本で人気の韓国人俳優ペ・ヨンジュンと韓国ドラマ界の巨匠キム・ジョンハク監督がタッグを組み、総製作費50億円以上を投入した一大歴史絵巻であり、韓国での平均視聴率も30%を突破し、ブームを巻き起こしたドラマです。また、音楽はスタジオ・ジブリ作品などを手がける久石譲が全曲を作曲、主題歌「千年恋歌」については、アジアを席巻する韓国のコーラスグループ「東方神起(とうほうしんき)」が歌うなど注目のドラマです。
本ドラマは、2008年4月5日から9月27日までNHK総合で日本語吹替え版が放送され話題となり、2009年1月より、宝塚歌劇団・花組による舞台の上演が決定しています。
※宝塚歌劇団「太王四神記」オフィシャルホームページ:URL:http://kageki.hankyu.co.jp/taiou/
(1)ストーリー
ドラマの舞台は、紀元前7世紀の「高句麗」。高句麗の人々は自分たちが神の国「チュシン」の末裔であり、朱雀、青龍、白虎、玄武から成る四神のそれぞれの主人と神器が「チュシンの王」の元に集まる時、平和が訪れるという伝説を数千年もの間信じ、「チュシンの王」の再来を待っていた。そして、ついに「チュシンの王」の誕生を告げる星が夜空に輝いたその晩、王家にタムドク(ペ・ヨンジュン)とヨン・ホゲ(ユン・テヨン)という二人の男の子が生まれた。同じ日に生まれた二人だが、タムドクは彼の身を案じた父ヤン王によって出生を秘密にされ、従兄弟のヨン・ホゲはチュシンの王の星が輝いた日に生まれた子として育てられた。孤独なタムドクを幼い頃から理解し支えたのは、天地神堂の神女キハ(ムン・ソリ)だった。彼女もまた、幼い頃火天会にさらわれ、宮中に潜伏する孤独な身だった。チュシンの王の星のもとに生まれたタムドクが、数々の困難を乗り越え、天から与えられた四神の神器とその主を探し出し、真の王へと成長していく姿が壮大なスケールで描かれる。
(2) キャスト
■タムドク役 <ペ・ヨンジュン>
【出演ドラマ】
2002年 KBS 冬のソナタ・2001年 MBC ホテリア
【出演映画】
2005年 四月の雪・2003年 スキャンダル
■キハ役 <ムン・ソリ>
【出演映画】
2006年 家族の誕生・2003年 浮気者一家・2002年 オアシス(Oasis)
■ヨン・ホゲ役 <ユン・テヨン>
【出演ドラマ】
2003年 KBS 真珠のネックレス
【出演映画】
2005年 ミスターソクラテス
(3)スタッフ
<監督>キム・ジョンハク
1951年生まれ。大学卒業後、MBCに入社し数々のドラマを手がける。代表作「砂時計」(1995)は、韓国の80年代民主化運動をテレビドラマとして初めて扱い、視聴率64%を記録、国民的ドラマと呼ばれた。98年にキム・ジョンハクプロダクションを設立、韓国ドラマ界を牽引する存在。
<音楽>久石譲
宮崎駿監督の「となりのトトロ」「もののけ姫」や北野武監督の「HANA-BI」など多数の映画音楽を担当し、数度にわたる日本アカデミー賞音楽賞最優秀音楽賞をはじめ、第48回芸術選奨文部大臣新人賞(大衆芸能部門)などを受賞。日本を代表する作曲家として国際的に高い評価を得ている。
<主題歌>東方神起
韓国の5人組コーラスグループ。2004年2月に韓国でCDデビュー、アカペラまでこなす歌唱力と、圧倒的なダンスパフォーマンスで人気が沸騰。2005年4月「Stay With Me Tonight」で日本デビューし、日本語で歌う楽曲でチャート上位にランクインするなど人気上昇中。日韓を拠点に、アジア全域で活動を展開している。2008年の紅白歌合戦に出場が決定している。
(4)配信スケジュール等
・第1話~第10話(全24話) 各525円(税込)/24時間で購入・視聴可能。
※第11話~第24話(最終話)及びエピローグは12月5日(金)に配信予定です。

2.アクセス方法等

<アクセス方法>
「gooトップページ」(http://www.goo.ne.jp/)から「アジア韓国ドラマ」(http://bb.goo.ne.jp/special/korea/)をクリックし、「太王四神記」をクリック
※以下のURLから直接ご覧頂くことも可能です。
http://bb.goo.ne.jp/special/brokore/taioushijinki/
<動画視聴条件>
配信帯域:500kbps、1.5Mbps
OS:Windows 2000、Windows XP以降(Macintosh、その他のOSは対応していません。)
ブラウザ:Microsoft Internet Explorer 6.0以上
※JavaScript、ActiveXコントロールの設定をON に設定してください。
パソコン:CPU Pentium III 800MHz相当以上(推奨:Pentium 4 2GHz相当以上)
メモリ 256MB以上(推奨:512MB以上)
画面解像度 800×600ドット以上(推奨:1024×768ドット以上)
※「推奨:~」は主に1Mbps以上の動画視聴に必要な環境です。
【本件に関するお問合せ先】
NTTレゾナント メディア事業部
E-mail:pr@nttr.co.jp
≪補足≫
(*1)【 NTTレゾナント 】http://www.nttr.co.jp/
NTTレゾナントは、平成16年4月1日、インターネットポータルサイト「goo」や、独自のEラーニングサービスを提供するNTT-Xと、ブロードバンドコンテンツ提供サービス「BROBA」や、映像会議サービス等のパッケ
本件に関する報道機関からのお問合せ先
NTTレゾナント株式会社 広報担当:pr@nttr.co.jp

アーカイブ - gooサービス