「goo」で、大ヒット韓国ドラマ「ファン・ジニ」を配信開始 ~韓国で最高視聴率29.3%を記録した人気ドラマを配信~

平成21年1月16日

お知らせ

NTTレゾナント株式会社

「goo」で、大ヒット韓国ドラマ
「ファン・ジニ」を配信開始
~韓国で最高視聴率29.3%を記録した人気ドラマを配信~
URL:http://bb.goo.ne.jp/special/brokore/hwangjiny/

 NTTレゾナント (*1、本社:東京都港区、代表取締役社長:中嶋 孝夫)は、インターネットポータルサイト「goo」(*2)で提供中の、「gooブロードバンドナビ」において、本日より、人気韓国ドラマ「ファン・ジニ」(製作:2006年 KBS、提供:株式会社インタラクティブメディアミックス(*3))の本編(韓国放送オリジナル版)をノーカットで、さらに出演キャストの魅力がよりリアルに伝わる日本語字幕版で配信開始します。
韓国では平均視聴率21%、最高視聴率29.3%を記録し、日本においても日本語吹き替え版がNHK衛星第2テレビジョンにて2008年4月6日から同年9月21日まで放送され、反響を呼びました。
1.「ファン・ジニ」について
16世紀朝鮮王朝時代に実在した人物「ファン・ジニ」が、卓抜した技芸の才能により、当代一流の名士たちと交流し、朝鮮最高の妓生と呼ばれるようになるまでの波乱万丈の生涯を描いたドラマ。主役はハ・ジウォンで、昨今「チェオクの剣」など、話題のドラマに出演、本ドラマでは「バリでの出来事」以来、2年7か月ぶりのドラマ主演となります。また、衣装や装飾品の総額は10億ウォン(1億円相当:平成21日1月現在)以上で、韓国ドラマ史上、最も豪華な衣装は全て手作業で製作され、朝鮮王朝時代の鮮やかな装飾が再現されているところにも注目したい作品です。(1)ストーリー
芸妓の娘として生まれ、寺で育ったファン・ジニ(ハ・ジウォン)は生母を捜すために山寺を出たところ、偶然、松都教坊のベクム(キム・ヨンエ)ら妓女達が踊るのを見て釘付けになる。踊りを学ぶために松都教坊に入ったところ、運命的にも生母と出会う。ところが生母はファン・ジニを妓生にさせまいと自分の娘ではないと胸を痛めながらも告げる。傷ついたファン・ジニは芸妓となるため稽古に励むうち、両班の息子ウンホ(チャン・グンソク)と恋に落ちるのだった…。師匠やライバルたちとの確執、思いを寄せる男たちとの恋を通してファン・ジニが真の芸の道を究めていく姿が描かれる…。

(2)キャスト
■ハ・ジウォン(ファン・ジニ役)
【出演ドラマ】「バリでの出来事」(2004年 SBS)、「チェオクの剣(茶母〔タモ〕)」(2003年 MBC)

■チャン・グンソク(キム・ウンホ役)
【出演ドラマ】「ベートーベン・ウィルス」(2008年 MBC)、「プラハの恋人」(2005年 SBS)

■キム・ヨンエ(イム・ベクム役)
【出演ドラマ】「砂時計」(1995年 SBS)

(3)配信スケジュール等
・第1話~第12話を2009年1月16日(金)に配信開始(第1話は無料で視聴できます)。
各210円(税込)/1週間で購入・視聴可能です。
また同時に第2話~12話を1848円(税込)/3週間<1話単価=168円(税込)>でパック販売します。
※第13話~24話(最終話)は2009年4月に配信予定です。

2.アクセス方法等
<アクセス方法>
「gooトップページ」(http://www.goo.ne.jp/)から
「アジア韓国ドラマ」(http://bb.goo.ne.jp/special/korea/)をクリックし、「ファン・ジニ」をクリック※以下のURLから直接ご覧頂くことも可能です。
URL:http://bb.goo.ne.jp/special/brokore/hwangjiny/

<動画視聴条件>
配信帯域:500kbps、1.5Mbps
OS:Windows 2000、Windows XP以降(Macintosh、その他のOSは対応していません。)
ブラウザ:Microsoft Internet Explorer 6.0以上
※JavaScript、ActiveXコントロールの設定をON に設定してください。
パソコン:
CPU Pentium III 800MHz相当以上(推奨:Pentium 4 2GHz相当以上)
メモリ 256MB以上(推奨:512MB以上)
画面解像度 800×600ドット以上(推奨:1024×768ドット以上)
※「推奨:~」は主に1Mbps以上の動画視聴に必要な環境です。

以上
【本件に関するお問合せ先】
NTTレゾナント メディア事業部
E-mail:pr@nttr.co.jp《 補足 》
(*1)【 NTTレゾナント 】http://www.nttr.co.jp/
NTTレゾナントは、平成16年4月1日、インターネットポータルサイト「goo」や、独自のEラーニングサービスを提供するNTT-Xと、ブロードバンドコンテンツ提供サービス「BROBA」や、映像会議サービスなどのパッケージサービスを提供するNTT-BBの事業を統合し、営業を開始しました。 NTTグループのブロードバンド事業のアプリケーションサービスとして、国内最高レベルの検索機能を有する「goo」を、ブロードバンド時代をリードするポータルサイトとして強化・発展させるとともに、操作性に優れた高品質な双方向映像コミュニケーションサービスを先導的に開発・提供するなど、インターネットユーザの幅広いニーズに応える利便性の高いサービスを実現します。


(*2)【 goo 】http://www.goo.ne.jp/
NTTレゾナントが運営する「goo」は、1か月あたり約4,200万ブラウザ※からのアクセスを有する、日本を代表するインターネットポータルです。サービスの中核である「検索サービス」ではWebページの検索サービスのみならず、辞書や地図、その他各種実用情報などの多彩且つ膨大なデータベースの検索サービスを提供しています。また、併せて「コンテンツ」「パーソナル便利ツール」「コミュニティサービス(約1,000万会員)」等の幅広いサービスも提供しています。また、それらサービスへのアクセス者数を背景として、国内屈指のネット調査サービス「gooリサーチ」等を、主に法人向けに提供しています。 ※2008年9月の弊社ログシステムより、「goo」へのアクセスデータから、当該期間中にアクセスされたユニークブラウザ数をカウントし算出。


(*3)【 インタラクティブメディアミックス 】http://www.imx.ne.jp/株式会社インタラクティブメディアミックス(以下IMX)は、日本で初めて韓国コンテ

本件に関する報道機関からのお問合せ先
NTTレゾナント株式会社 広報担当:pr@nttr.co.jp