「からだカルテ」と「gooからだログ」が連携開始 ~ポータルサイト初!健康計測機器との連動により、世代を超えて簡単に楽しくダイエットや健康管理が継続可能に~

平成21年1月21日

報道発表資料

株式会社タニタ
NTTレゾナント株式会社

「からだカルテ」と「gooからだログ」が連携開始
~ポータルサイト初!健康計測機器との連動により、世代を超えて簡単に楽しく
ダイエットや健康管理が継続可能に~

 株式会社タニタ (*1、本社:東京都板橋区、代表取締役社長:谷田 千里 以下、タニタ)が提供する「からだカルテ」とNTTレゾナント株式会社(*2、本社:東京都港区、代表取締役社長:中嶋 孝夫 以下、NTTレゾナント)が提供する「gooからだログ」は、本日よりサービス連携を開始します。
この度のサービス連携により、タニタの通信機能を備えた体組成計などの健康計測機器で計測した身体データを、入力の手間をかけることなく「gooからだログ」上で記録・グラフ化でき、ダイエットや健康管理などに役立つコンテンツを相互に利用することが可能になります。健康計測機器で計測したデータとの連動は国内大手ポータルサイトでは、初となります。
また、この連携を通じて、同性・同世代にとどまらず、性別や世代を超えたコミュニティの形成が期待でき、利用者個人の健康ポータルとしてだけではなく、さまざまな世代との新しいコミュニケーションスタイルが創出できると考えています。

1.サービス連携の概要
ここ数年、ダイエットや健康管理に取り組む目的は、性別や世代ごとに異なり多様化しています。こうしたニーズに応え、ウェブの利便性を活用したさまざまな健康関連サービスが登場していますが、すべてのユーザを満たすサービスは実現できていないのが現状です。
この度のサービス連携では、タニタの健康計測機器および健康管理のノウハウ、NTTレゾナントのインターネットポータルとしての集客力およびダイエット・ヘルスケアにかかわる豊富なコンテンツの保有という両社の強みを結び付けることで、さまざまな世代に柔軟に対応し継続できる健康コミュニケーションサービスを実現することを目的としています。
タニタの通信機能を備えた体組成計や歩数計、血圧計といった健康計測機器で計測した身体データがパソコンなどを介して自動的に「からだカルテ」と「gooからだログ」に登録できるようになることで、ダイエットや健康管理を継続するための阻害要因となっていた日々の記録の簡素化がはかれるようになります。
さらに、「gooからだログ」が提供する食事記録をはじめとする160以上の記録データと共に日々の気づきなどを記録する日記(ダイアリー)機能や、身体データを共有しながら利用者同士が交流するコミュニティ機能を利用することで、性別や世代を超えたコミュニケーションが実現でき、楽しく継続的なダイエットや健康管理が実践できるようになります。

■連携する身体データおよび対応機器
<連携する身体データ>

<対応する健康計測機器>
●リレーキータイプ(パソコン利用タイプ)
・体組成計インナースキャンBC-501
・上腕式デジタル血圧計BP-300
・3Dセンサー搭載歩数計FB-723PS
・データ転送用リレーキーKY-001

●レシーバータイプ(完全無線タイプ)
・体組成計インナースキャンBC-503
・上腕式デジタル血圧計BP-301
・3Dセンサー搭載歩数計FB-723MY
・データ転送用レシーバーMY-101

■利用方法
「gooからだログ」(URL: http://karada.goo.ne.jp/)にログイン後に表示される設定ページにて、「からだカルテ」ID・パスワードを入力することでデータが連動し、「からだカルテ」(URL: http://www.karadakarute.jp)にデータをアップすると自動的に「gooからだログ」においてもデータが反映され、閲覧が可能になります。
※初回のみ「からだカルテ」に登録していた最大過去3ヶ月分のデータが「gooからだログ」にも反映されます。

■「からだカルテ」について
株式会社タニタが提供している通信機能を備えた体組成計などの健康計測機器とウェブを連携させた会員制の健康管理サービスです。体組成計などで計測した身体データを時系列的にグラフ化して表示する「健康グラフ日記」や、専門家が個別に食事・運動をはじめとする生活改善アドバイスする「からだサポート倶楽部」など日々の健康管理にかかわるコンテンツを用意しています。

■「gooからだログ」について
「gooからだログ」は、ダイエットの成功や健康管理のために必要な”継続性”を追求する記録型ダイエット.・ヘルスケアコミュニティサービスで約20万人の会員を擁しています。
体重や摂取カロリーはもちろん、ウォーキングやジョギングの距離や時間など160種類を超える豊富な項目を記録することができ、分かりやすいグラフや、目標・目的ごとに仲間が集うコミュニティ、データの公開機能などを通じて、継続的にダイエットや健康管理に取り組むことができます。

2.今後の展開について
タニタとNTTレゾナントは、今後、両社が提供するサービスにおいて、会員登録の連携をはじめ利用者の利便性の向上をはかっていきます。

以上

【本件に関するお問合せ先】
NTTレゾナント メディア事業部
E-mail:pr@nttr.co.jp

《 補足 》
(*1)【 タニタ 】http://www.tanita.co.jp/
タニタは健康計測機器のリーディングカンパニーです。世界に先駆けて家庭用の脂肪計付きヘルスメーターや身体を構成する組成分をはかる体組成計などを開発し、市場をリードしています。また、「健康をはかる」をキーに平成2年に体重科学研究所を設立。医学、運動学、栄養学、心理学などあらゆる分野から科学的に適正体重を考える研究を進め、さまざまな製品開発に反映させています。このほか、健康で豊かな生活に向けて「タニタ健康体重基金」や「タニタ健康大賞」などの社会貢献活動にも取り組んでいます。


(*2)【 NTTレゾナント 】http://www.nttr.co.jp/
NTTレゾナントは、平成16年4月1日、インターネットポータルサイト「goo」や、独自のEラーニングサービスを提供するNTT-Xと、
ブロードバンドコンテンツ提供サービス「BROBA」や、映像会議サービスなどのパッケージサービスを提供するNTT-BBの事業を統合し、営業を開始しました。 NTTグループのブロードバンド事業のアプリケーションサービスとして、国内最高レベルの検索機能を有する「goo」を、ブロードバンド時代をリードするポータルサイトとして強化・発展させるとともに、操作性に優れた高品質な双方向映像コミュニケーションサービスを先導的に開発・提供するなど、インターネットユーザの幅広いニーズに応える利便性の高いサービスを実現します。

ページTOP

本件に関する報道機関からのお問合せ先
NTTレゾナント株式会社 広報担当:pr@nttr.co.jp