gooリサーチ結果 (No.176 )第9回 環境・社会報告書に関する読者の意識調査結果 ~2010年開催の「COP10」へ向けた生物多様性に関する取り組みはこれから~

平成21年2月3日

報道発表資料

NTTレゾナント株式会社
株式会社 三菱総合研究所

gooリサーチ結果 (No.176 )
第9回 環境・社会報告書に関する読者の意識調査結果
~2010年開催の「COP10」へ向けた生物多様性に関する取り組みはこれから~

国内最大級のインターネットアンケート・サービス「gooリサーチ」(*1)を共同提供するNTTレゾナント株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:中嶋 孝夫)と 株式会社三菱総合研究所(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:田中 將介)は、一般消費者に対する「環境・社会報告書に関する意識調査」を実施しました。有効回答者数は46,227名でした。
本調査は今回で9回目を数え、「gooリサーチ」に加え、環境情報ポータルサイト「環境goo」( http://eco.goo.ne.jp)(*2)も連動したアンケートを実施しました。また、「環境goo」に、本日より調査結果詳細の掲載も開始します。
なお、本調査結果をもとに、日本電信電話株式会社主催で「環境・社会報告書シンポジウム2008」を平成20年12月12日(金)に開催しました。シンポジウムでの討議内容については、本日2月3日(火)に「環境goo」上で公開します。
■調査結果のポイント
・現在の報告書の問題点としては、「各社の内容や書式が異なり企業間比較ができない」 が43.8%、次いで「良いことばかりが書かれていて客観的でない」41.9%、「専門用語 が多すぎて分かりにくい」41.4%、「数値データを示されても評価ができない」41.0% などとなっており、専門的、詳細な情報よりも“わかりやすさ”を重視する読者が増加 していることを示すものと考えられる。

・企業の環境・CSR活動を知るための効果的な方法として、「自社ホームページでの情報 発信」が45.6%。続いて、「マスメディアによる商品広告」が43.9%、などとなってお り、一昨年からの傾向としては、「商品のパッケージやラベルへの情報記載」など商品 情報とリンクした情報提供や、「地域での社会貢献」など地域密着イベント型の活動に よる情報伝達の有効性を指摘する傾向が強まっている。「商品のパッケージやラベルへ の情報記載」と「地域での社会貢献」に関しては、特に女性層において、それぞれ33.3 %から37.6%、41.0%から43.6%と増加しており、環境・CSR情報に対する女性の関心 度の上昇を反映している。

・一般消費者にとって関心の高い環境問題として、「地球温暖化」は75.1%と最も高く、 大多数の関心事となっている。また、調査実施時期がガソリン価格急騰の直後であった こともあり、「クリーンエネルギーの開発・実用化」が昨年の16.5%から19.6%とやや 増加した。なお、昨年と比較すると「3R(リデュース:減らす、リユース:再び使う 、リサイクル:再資源化)」「エコライフ」などへの関心が高まっている。

・サステナビリティ・レポートで公開すべき情報公開については、「雇用・正当な労働に 関する情報」が最も高く、複数回答では全体の82.1%、5つまでの制限回答では52.5% に達しており、雇用や労働環境に関する関心を強めていたことがうかがえる。一方、企 業が重視する項目と比較すると「雇用・正当な労働に関する情報」は10番目であり、読 者と企業間での意識のギャップが見られる。

・「生物多様性」について「内容まで知っている」という割合は17.9%にとどまり、具体 的な内容認知は進んでいない。ただし「言葉だけは知っている」という人の割合は52.4 %にのぼり、2010年の生物多様性条約第10回締約国会議(COP10)を背景に徐々に認知 されていることがうかがえる。

■調査結果
※以下をご参照下さい。
第9回 環境・社会報告書に関する読者の意識調査結果
以上
≪補足≫
(*1)【 gooリサーチ 】http://research.goo.ne.jp/
ポータルサイト「goo」を運営するNTTレゾナントと、日本のリーディングシンクタンクである三菱総研の調査企画力、コンサルティング力が融合した、高品質で付加価値の高いインターネットリサーチ・サービスです。携帯電話でアンケートに答える 「gooリサーチ・モバイル」モニター(10.7万人)、キーパーソンのビジネスマンを中心とする「gooリサーチ・ビジネス」モニター(7.0万人)、団塊世代・シニア層、ならびに若年層を中心とした郵送調査手法で回答する「郵送調査専属モニター」(3.5万人)を含め、305万人の登録モニターを擁し、消費者向け調査から、法人向け調査、グループインタビューまで、様々な市場調査ニーズに対応しています。 (モニターの人数はいずれも2009年1月現在)

(*2)【 環境goo 】http://eco.goo.ne.jp/
NTTレゾナントが運営する日本国内最大の“環境情報ポータルサイト”。企業からコンシューマまであらゆるユーザの環境情報ニーズに対応しています。

≪本件に関するお問合せ先≫
NTTレゾナント メディア事業部
E-mail:pr@nttr.co.jp

株式会社三菱総合研究所 経営企画部広報グループ
E-mail:ccd-mg@mri.co.jp

本件に関する報道機関からのお問合せ先
NTTレゾナント株式会社 広報担当:pr@nttr.co.jp

アーカイブ - gooサービス