携帯電話向けサイト「モバイルgoo」の<br>新サービス提供開始及び機能強化について ~「Q&A検索」、「TVトピック検索」携帯電話版提供開始、「goo路線」の機能強化~

平成21年3月31日

お知らせ

NTTレゾナント株式会社


携帯電話向けサイト「モバイルgoo」の
新サービス提供開始及び機能強化について

~「Q&A検索」、「TVトピック検索」携帯電話版提供開始、「goo路線」の機能強化~
「モバイルgoo」のURL:http://mobile.goo.ne.jp/

NTTレゾナント株式会社(*1、本社:東京都港区、代表取締役社長:中嶋 孝夫)は、インターネットポータルサイト「goo」(*2)で提供中のの携帯電話向け情報提供サイト「モバイルgoo」において、本日より、「gooQ&A検索」及び「gooTVトピック検索」の携帯電話版提供開始と、「goo路線」の機能強化を実施します。

この度の機能強化は、パソコン向けサービスと携帯電話向けサービスの連携による、ユーザの日常生活での行動支援を目的に実施します。

「goo路線」では、終電を逃してしまったユーザに対し、「お金を下ろす(ATMの場所を探す)」「一泊する(ホテルを探す)」「暇をつぶす」といった次のアクションにつながる情報を携帯電話のGPS機能を利用して、地図に表示する機能を追加します。

また、テレビで放送された情報を放送後およそ5分以内で検索、及び閲覧できる「gooTVトピック検索」の携帯電話向けサービスを提供することで、テレビを視聴の際に気になった観光スポットや商品情報を携帯電話から即座に調べることができます。

さらに「gooQ&A検索」では、「教えて!goo」に加え、より専門性が高いQ&A(質問回答)サイトを検索対象とすることで更なる利便性を図ります。

1.概要

 

(1)「goo路線」モバイル版 機能強化

「goo路線」モバイル版では、終電を逃してしまったユーザに対して、次のアクションを起こす際のサポートとなる情報を提供します。

終電を逃してしまったユーザについて、携帯電話のGPS機能を利用し、ユーザの携帯電話位置から、「お金を下ろす(ATMを探す)」「一泊する(ホテルを探す)」「暇つぶしをする」の3パターンのシチュエーションに必要な情報を地図上に表示します。表示されるATMやホテル、レストランについては、24時間開いている場所を表示します。
画面イメージはこちらをご参照下さい

 

(2)「gooTVトピック検索」モバイル版提供開始

「TVトピック検索」は、テレビ番組関東キー局5局(日本テレビ、TBS、フジテレビ、テレビ朝日、テレビ東京)の中で紹介された店舗や観光スポット情報を地図表示と共に表示するほか、CDや映画などの商品の価格や紹介された内容、さらには出演者のプロフィール情報を放送後およそ5分以内に検索、及び閲覧可能とするもので、パソコン向けに平成20年9月4日から提供しているサービスです。

この度の携帯電話版を提供することで、ユーザはテレビを見ながら携帯電話で放送された情報を入手可能になります。さらに、前日放送されたテレビ番組の中から、頻繁に取り上げられた観光スポット(「旬スポット!」)や、家電や本、CDなどのアイテム情報(「流行りモノ!」)をピックアップして、紹介します。

 

(3)「gooQ&A検索」モバイル版提供開始

「gooQ&A検索」は、現在提供中の「教えて!goo検索」のみならず、インターネット上の他のQ&A(質問回答)サイトに掲載されているユーザ同士の疑問・回答情報を任意のキーワードから携帯電話でまとめて検索できるサービスです。

携帯電話を利用のユーザが多い10代~20代が求める「恋愛」や「美容」に関する情報をより多く持つ他のQ&Aサイト検索対象に加えることにより、更なる利便性の向上を図ります。これによりユーザは、自分の悩みについての解決法や知りたいことについて、携帯電話からいつでもどこでも検索、いち早く、手軽に情報を得ることが可能になります。

2.アクセス方法

 

各サービスURL

<モバイルgoo>http://mobile.goo.ne.jp/

<goo路線>http://mobile.goo.ne.jp/transit/

<gooTVトピック検索>http://tvtopic.goo.ne.jp/i/

<gooQ&A検索>http://mobile.goo.ne.jp/qa/

また、以下の「モバイルgooサービス一覧」よりアクセスも可能です。

<モバイルgoo サービス一覧QRコード>

20090331

以上

【本件に関するお問合せ先】

NTTレゾナント メディア事業部

E-mail:pr@nttr.co.jp

《 補足 》


(*1)【 NTTレゾナント 】http://www.nttr.co.jp/

NTTレゾナントは、平成16年4月1日、インターネットポータルサイト「goo」や、独自のEラーニングサービスを提供するNTT-Xと、ブロードバンドコンテンツ提供サービス「BROBA」や、映像会議サービスなどのパッケージサービスを提供するNTT-BBの事業を統合し、営業を開始しました。

NTTグループのブロードバンド事業のアプリケーションサービスとして、国内最高レベルの検索機能を有する「goo」を、ブロードバンド時代をリードするポータルサイトとして強化・発展させるとともに、操作性に優れた高品質な双方向映像コミュニケーションサービスを先導的に開発・提供するなど、インターネットユーザの幅広いニーズに応える利便性の高いサービスを実現します。


(*2)【 goo 】http://www.goo.ne.jp/

NTTレゾナントが運営する「goo」は、1か月あたり約4,370万ブラウザ※からのアクセスを有する、日本を代表するインターネットポータルです。サービスの中核である「検索サービス」ではWebページの検索サービスのみならず、辞書や地図、その他各種実用情報などの多彩且つ膨大なデータベースの検索サービスを提供しています。また、併せて「コンテンツ」「パーソナル便利ツール」「コミュニティサービス(約1,000万会員)」等の幅広いサービスも提供しています。また、それらサービスへのアクセス者数を背景として、国内屈指のネット

 

本件に関する報道機関からのお問合せ先
NTTレゾナント株式会社 広報担当:pr@nttr.co.jp

アーカイブ - gooサービス