「goo」で、PC版ウェブ検索機能強化を実施 ~より早く必要な情報を入手できる「ダイレクト機能」や 動詞を表示することで必要な情報へ誘導する「行動ナビ」を採用~

平成21年12月18日

お知らせ

NTTレゾナント株式会社

「goo」で、PC版ウェブ検索機能強化を実施
~より早く必要な情報を入手できる「ダイレクト機能」や
動詞を表示することで必要な情報へ誘導する「行動ナビ」を採用~
「goo」のURL:http://www.goo.ne.jp/

 NTTレゾナント株式会社 (*1、本社:東京都港区、代表取締役社長:中嶋孝夫)は、インターネットポータルサイト「goo」(*2)の「ウェブ検索」について本日より機能強化を実施します。
ユーザが欲しい情報をいち早く検索結果に表示する「ダイレクト機能」の拡充を行うとともに、本年10月に携帯電話向け情報提供サイト「モバイルgoo」において実装している、検索キーワードに応じた「動詞」を表示し検索結果へ誘導する「行動ナビ機能」をPC向けにも実装します。これにより、ユーザの検索利用について利便性向上を図ります。<br

1.「goo ウェブ検索」機能強化について
・「行動ナビ」機能を新たに提供開始
NTTサイバーコミュニケーション総合研究所の協力を得て作成した約30万語から構成される検索キーワードの辞書(知識データベース)をもとに、入力されたキーワードに関係する「動詞」を提示します。「田町」というキーワードに対し、「行きたい」「知りたい」「食べたい」といった動詞を表示することで、ユーザの目的にあった検索結果へ導きます。

・ダイレクト機能を追加
ユーザが欲しい情報をいち早く検索結果に表示する「ダイレクト機能」について、新たに「地図」「路線」を実装します。
◆地図を見たい住所・地域名を入力するか、「(地域名) 地図」を検索ボックスに入力することで、その地域の周辺地図が検索結果上部に表示されます。さらに詳細な地図を確認する際は地図をクリックすることで「goo地図」上で閲覧可能です。
◆「駅名 駅名」と入力することで2つの駅間の代表的な経路情報・乗車時間・運賃などが検索結果上部に表示されます。また、「駅名 駅名 終電」と入力することで2つの駅間の最終電車での経路情報を検索することも可能です。

<「ダイレクト機能」画面イメージ>
20091218-11

以上

【本件に関するお問合せ先】
NTTレゾナント株式会社 広報担当
E-mail:pr@nttr.co.jp

≪補足≫

(*1)【NTTレゾナント】http://www.nttr.co.jp/
NTTレゾナントは、平成16年4月1日、インターネットポータルサイト「goo」や、独自のEラーニングサービスを提供するNTT-Xと、ブロードバンドコンテンツ提供サービス「BROBA」や、映像会議サービス等のパッケージサービスを提供するNTT-BBの事業を統合し、営業を開始しました。
NTTグループのブロードバンド事業のアプリケーションサービスとして、国内最高レベルの検索機能を有する「goo」を、ブロードバンド時代をリードするポータルサイトとして強化・発展させるなど、インターネットユーザの幅広いニーズに応える利便性の高いサービスを実現します。


(*2)【goo】http://www.goo.ne.jp/
NTTレゾナントが運営する「goo」は、1か月あたり約4,550万ブラウザ※からのアクセスを有する、日本を代表するインターネットポータルです。サービスの中核である「検索サービス」ではWebページの検索サービスのみならず、辞書や地図、その他各種実用情報などの多彩且つ膨大なデータベースの検索サービスを提供しています。また、併せて「コンテンツ」「パーソナル便利ツール」「コミュニティサービス(約1,000万会員)」等の幅広いサービスも提供しています。また、それらサービスへのアクセス者数を背景として、国内屈指のネット調査サービス「gooリサーチ」等を、主に法人向けに提供しています。
※2009年5月の弊社ログシステムより、「goo」へのアクセスデータから、当該期間中にアクセスされたユニークブラウザ数をカウントし算出。

ページTOP

本件に関する報道機関からのお問合せ先
NTTレゾナント株式会社 広報担当:pr@nttr.co.jp

アーカイブ - gooサービス