NTTレゾナント、防災展2017に出展 安否確認サービス「J-anpi」・防災ポータルアプリ「goo防災アプリ」を展示

お知らせ

2017年3月2日
NTTレゾナント株式会社

NTTレゾナント、防災展2017に出展
安否確認サービス「J-anpi」・防災ポータルアプリ「goo防災アプリ」を展示

 ポータルサイト「goo」を運営するNTTレゾナント株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:若井 昌宏、以下NTTレゾナント)は、2017年3月8日(水)・9日(木)に開催される防災展2017に参加します。
 当日は、新宿駅西口広場イベントコーナーにて、安否確認サービス「J-anpi~安否情報まとめて検索~(以下、J-anpi)」のデモ展示、および、平常時にも役立つ「goo防災アプリ」を出展します。展示ブースでは、それぞれのサービスを通して、安否情報の収集や、避難場所の検索などを体験することが可能です。
 防災展2017は、自助共助の取組や首都直下地震等をはじめとした災害への備えを推進するため、また、熊本地震や東日本大震災の記憶の風化を防ぐためのイベントです。NTTレゾナントは、安否確認サービス「J-anpi」・防災ポータルアプリ「goo防災アプリ」の出展を通して、防災・災害に関する知識の普及啓発を実施します。

1.出展概要

出展先 :防災展2017~もしもにそなえて 学ぼう 防災!~

出展日程:2017年3月8日(水)12時から16時

2017年3月9日(木)10時から16時

会場  :新宿駅西口広場イベントコーナー (東京都新宿区西新宿一丁目地先)

入場料 :無料

出展サービス:「J-anpi」「goo防災アプリ」

 

▼防災展2017~もしもにそなえて 学ぼう 防災!~
http://www.bousai.metro.tokyo.jp/bousai/1000019/1002553/1003607.html

2.出展サービスについて

「J-anpi」

 NHK・NTTとNTTレゾナントが共同運営する「J-anpi」は、2011年3月の東日本大震災にて安否情報が通信キャリア各社や各種企業・団体に点在していたことを課題とし、それら安否情報をまとめて確認できるサイトとして提供開始しました。自治体・企業が収集する各種安否情報の公開サイトとしても利用されています。

URL:http://anpi.jp

イメージ図_J-anpi

「goo防災アプリ」

 「goo防災アプリ」は、災害時に必要とされる情報を1つのアプリで収集することができる総合防災ポータルアプリです。災害および気象警報・注意報発生のプッシュ通知や、災害時に必要な“災害関連ニュース”といった情報提供、「教えて!goo(防災カテゴリ情報)」や病気・病院・お薬検索など、災害時に役立つgoo独自の充実したコンテンツが提供されています。また、「J-anpi」との連携により、通信キャリア各社や各企業・団体が提供する安否情報などを横断的に確認することができます。
 さらに、訪日外国人旅行者の増加に伴い、防災・災害情報などの必要性も高まってきたことから、主要コンテンツの多言語(英語、中国語[簡体・繁体]、韓国語)対応を実施しています。
イメージ図_goo防災アプリ

【アプリインストール方法】

Android版 URL:http://goo.gl/Ml1Ymz
iPhone版  URL:http://goo.gl/rLvBHZ

※ 記載されている会社名、サービス名および商品名は、各社の登録商標または商標です。

以上

本件に関する報道機関からのお問合せ先
NTTレゾナント株式会社 広報担当:pr@nttr.co.jp

アーカイブ - gooサービス