gooとdmenuの利用動向から読み解く「goo+dランキング」をリリース ~gooとdメニューの検索動向から流行語大賞を「インスタ映え」と予想!~

お知らせ

2017年11月28日
NTTレゾナント株式会社

gooとdmenuの利用動向から読み解く「goo+dランキング」をリリース
~gooとdメニューの検索動向から流行語大賞を「インスタ映え」と予想!~
https://ranking.goo.ne.jp/good/

 NTTレゾナント株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:若井 昌宏、以下NTTレゾナント)は、ポータルサイト「goo」のアクセスログとNTTドコモが運営する「dメニュー」の公開データを用いて、それぞれの検索動向やニュース、Q&Aの情報を活用したサイト「goo+dランキング(グッドランキング)」を本日より開始します。
 「goo+dランキング」は、「膨大なログデータから世の中を見ると、発見、驚き、笑いがみえてくる」を合言葉に、ユニークな切り口でユーザーインサイトを読み解く情報サイトです。「goo」が持っているアクセスログと「dメニュー」の公開データから、コンテンツごとのユーザーの関心を読み解き、世代や属性別などの新たなトレンドの発見を提供します。

【gooとdメニューの検索ランキングから今年の流行語大賞を予想】

 2017年の「ユーキャン新語・流行語大賞」でノミネートされた30語がどれくらい検索されていたのか、「goo」と「dメニュー」の検索回数(期間:2017/1/1~2017/10/31)から、ランキング形式でご紹介します。また、このランキングから今年の流行語大賞を予想しました。

ノミネート語についての詳細はこちら:http://singo.jiyu.co.jp
※ワードについては表記揺れを統一しています。例)「藤井フィーバー」「藤井聡太」「藤井四段」など

 「インスタ映え」は「goo」と「dメニュー」の双方のノミネート語ランキングで1位となり、合算結果においても1位となりました。この結果からgoo+dランキング編集部が予測する今年の流行語大賞は「インスタ映え」と予想しています。
 写真共有SNS「Instagram」に写真をアップロードしたときに、ひときわ映えるという意味で使われる「インスタ映え」。テレビなどでも特集が組まれ、「Instagram」の主要ユーザーである若い女性だけではなく、いまや男性にも使われる言葉となっています。また、「インスタ映え」を意識したスイーツやスポットなども次々と登場しました。とくに、イルミネーションが綺麗でリゾート感が演出されたナイトプールは、「インスタ映え」するスポットとして注目されました。「goo」と「dメニュー」の検索ワードでも、「インスタ映え」とともに、「スイーツ」や「スポット」が一緒に検索されており、ユーザーの関心の高さが伺えました。

本ランキングに関するgoo+dランキングの記事はこちら

本ランキングに関する「dメニュー」の公開データはこちら

 

記載されている会社名、サービス名および商品名は、各社の登録商標または商標です。

以上

本件に関する報道機関からのお問合せ先
NTTレゾナント株式会社 広報担当:pr@nttr.co.jp

アーカイブ - gooサービス