どんな“大好き”でも情報収集できるアプリ「gooニュースアプリ」をリリース ~Webメディア、SNS投稿、YouTube動画を1つのタイムラインに集約~

お知らせ

2018年1月18日
NTTレゾナント株式会社

どんな“大好き”でも情報収集できるアプリ
「gooニュースアプリ」をリリース
~Webメディア、SNS投稿、YouTube動画を1つのタイムラインに集約~
https://news.goo.ne.jp/sp/app/lp/

 ポータルサイト「goo」を運営するNTTレゾナント株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:若井 昌宏、以下NTTレゾナント)は、無料ニュースアプリ「gooニュースアプリ」を本日よりリリースすることをお知らせします。「gooニュースアプリ」は、Webメディアのニュースはもちろん、SNSの投稿、YouTube動画など広義のニュースを同一のタイムライン上に集約したニュースアプリです。これにより、Webでの報道、SNSの反応、映像など、さまざまな角度で知りたい事柄を知ることができ、今までにないニュースの体験を味わうことができます。

1.「gooニュースアプリ」について

 スマートフォンの普及に伴い、ニュースアプリやキュレーションアプリの利用者も拡大しています。これらの特徴はその手軽さで、Webメディアのニュースを集約してまとめて読めることがユーザーに好感を得ています。一方で、ユーザーの気になる情報はWebメディアに掲載されているニュースだけではありません。SNSの投稿やYouTubeの動画など、誰もが情報の発信者となった現在では、ユーザーの知的好奇心を満たしてくれるニュースの意味合いも広義なものになってきています。ニュースの定義をこの広義なものとして取り入れるとともに、ニュースを手軽に知りたいというニーズに応えるために「gooニュースアプリ」を開発することとしました。

 (1) 十人十色のニュースカテゴリ

 好きなアイドルや応援している球団など、ユーザーの知りたい事柄をキーワードとしてフォローすることで、ニュースをカテゴリ化。ユーザーの好みに特化したニュースを配信します。
 

 (2) 一網打尽のタイムライン

 インターネット上にあるWebメディアのテキスト記事だけではなく、SNSの投稿、YouTubeの動画など、様々な情報を1つのタイムラインに集約。多角的に集まったニュースを手軽に読むことができます。

2.利用方法

 アプリを以下からダウンロードしてご利用ください。

  URL:https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.ne.goo.app.news&hl=ja

 

3.今後について

 ブラウザ版のgooニュースですでに導入しているAIによるレコメンド「マイニュース機能」を搭載予定です。これにより、閲覧履歴をもとにユーザーの好みを学習し、趣味嗜好にあったニュースを選別し提供することが可能です。
 また、位置情報にもとづいたキーワードフォローの推薦も行えるように開発を進めています。これにより、ユーザーの生活を知り、思考を読み解き、最適な情報を提供する以心伝心のレコメンド機能が実現可能になります。

 

 

※記載されているサービス名および商品名は、各社の登録商標または商標です。

本件に関する報道機関からのお問合せ先
NTTレゾナント株式会社 広報担当:pr@nttr.co.jp