「gooスポーツ」で新コーナー「Athlete ChannelTM」を立ち上げ ~オンラインでアスリートとファンの交流実現に向けて~

お知らせ

2018年12月3日
NTTレゾナント株式会社

「gooスポーツ」で新コーナー「Athlete ChannelTM」を立ち上げ
~オンラインでアスリートとファンの交流実現に向けて~

 ポータルサイト「goo」を運営するNTTレゾナント株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:若井 昌宏、以下、NTTレゾナント)は、「gooスポーツ」において、「Athlete Channel (*1)」を本日より新たに設立します。
 2020年に向けてスポーツを通じた熱狂・共感の日常化を目指し、感動の源であるアスリートにスポットライトをあてたコンテンツを、株式会社Candeeと株式会社NTTドコモが企画制作し、「Athlete Channel」で配信していきます。
 
  1. 背景
 「goo」では、これまでインターネット上でもスポーツを盛り上げていくために、「gooニュース」で各種スポーツの速報を配信。会場に足を運べないファンやテレビ中継を見ることができないファンに、いち早く試合の結果やニュースを届けてきました。さらに、スポーツイベント等販売サービス「gooスポーツ」を2018年6月より提供。「gooスポーツ」では、サッカー元日本代表選手とのパブリックビューイングや、ラグビー日本代表とのオリジナルコラボレーショングッズを企画することで、応援したい選手やチームとの交流や距離を縮めるきっかけを提供してきました。
 「gooスポーツ」は2020年に向けスポーツに関心がなかった方にもスポーツに親しんでいただける取り組みをすすめており、そのためには、ユーザーがアスリートのことを知る、アスリートと触れ合うきっかけのさらなる提供が必要だと考えています。これを実現するために、オンラインでアスリートとファンが交流できる場を目指した「Athlete Channel」を提供することにしました。
  1. 概要
 「Athlete Channel」は、アスリートが自身の人間的な魅力を発信することで、新たなファンとの交流を目指しています。ファンは、アスリートの掲げたテーマに関して、オンライン上でコミュニケーションを図るなど、競技とは違う魅力に出会えます。

(1) 形式: 記事・写真・動画・ライブ配信などのコンテンツを、ファシリテータのナビゲートに      より、1アスリートあたり6回、10アスリート分連載します。

(2) 提供期間:<第一期>2018年12月3日(月)から2019年3月31日(日)

(3) 第1回の配信コンテンツ(*2)

「東京ヴェルディ橋本英郎、39歳。現役を続ける、もう一つの理由」
https://athlete-ch.sports.goo.ne.jp/athlete/article/soccer/hashimoto/1

「父への反発が尊敬に変わった時、「社長の息子」から池谷友喜になれた。」
https://athlete-ch.sports.goo.ne.jp/athlete/article/soccer/iketani/1

「B1昇格を目指すアースフレンズ司令塔・西山が告白するプレー以外の悩み」
https://athlete-ch.sports.goo.ne.jp/athlete/article/basket/nishiyama/1

 

【補足】

(*1): 「Athlete Channel」は株式会社NTTドコモが登録申請済みの商用です。

(*2): 「Athlete Channel」におけるコンテンツは株式会社Candee、株式会社NTTドコモの提供です。

 

※記載されている会社名、サービス名および商品名は、各社の登録商標または商標です。

以上

本件に関する報道機関からのお問合せ先
NTTレゾナント株式会社 広報担当:pr@nttr.co.jp