QAコミュニティのアクセス数から調査した「消費税」に関する男女世代別の関心度を発表

お知らせ

2019年10月30日
NTTレゾナント株式会社

QAコミュニティのアクセス数から調査した
「消費税」に関する男女世代別の関心度を発表
https://ranking.goo.ne.jp/good/6189/

 NTTレゾナント株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:楠木 健、以下NTTレゾナント)が運営する「goo+dランキング(グッドランキング)」は、ポータルサイト「goo」のアクセスログと株式会社NTTドコモが運営する「dメニュー」の公開データを用いて、ユーザーの興味・関心を分析しています。
 今回は、Q&Aコミュニティサイト「教えて!goo」の「消費税」ジャンルにおけるユニークユーザー数(以下、UU数)から、「消費税」に関する関心度を男女世代別に調査しました (期間:2019年7月1日から2019年9月30日) 。また、「dメニュー」の検索ログから、「増税」と併せて検索されたキーワードをランキング形式で紹介します (期間:2019年9月1日から2019年10月10日)。
  1. 最も関心が高い世代は「25~34歳」。35歳以上は男性の方が関心度が高い結果に
 世代別では、1位が25~34歳、次いで2位に35~44歳、3位が45~54歳となりました。25~34歳は、結婚、出産、育児などのイベントが他世代より比較的多い年代であり、多くの人が家計に直結する「消費税」に強く関心を抱いていたと考えられます。
 男女別では、18~34歳は女性が男性より関心度が高く、35歳以上は女性より男性が徐々に関心度が高くなる結果になりました。
  1. 「増税」と併せて検索されたキーワードの1位は「買う物」
 「増税」と併せて検索されたキーワードの1位は、「買う物」となりました。消費税率の引き上げに伴い、買うべきものに注目が集まっていたと考えられます。
 また、2位は「たばこ」、3位は「ポイント還元」、4位は「対象・するもの」となりました。軽減税率制度の実施に伴い、対象品目やキャッシュレス決済のポイント還元に興味を持ったユーザーが多かったと考えられます。
  1. 「goo+dランキング」について(https://ranking.goo.ne.jp/good/)
 「goo+dランキング」は、「膨大なログデータから世の中を見ると、発見、驚き、笑いがみえてくる」を合言葉に、ユニークな切り口でユーザーインサイトを読み解く情報サイトです。「goo」が持っているアクセスログと「dメニュー」の公開データから、コンテンツごとのユーザーの関心を読み解き、世代や属性別などの新たなトレンドの発見を提供します。
  1. 「教えて!goo」について(https://oshiete.goo.ne.jp)
 約800万件のQ&Aがある日本最大級のQ&Aコミュニティサイトです。検索結果や専門サイトでは解決できないさまざまな「疑問」や「悩み」を抱えたユーザーが集まります。

 

※記載されている会社名、サービス名および商品名は、各社の登録商標または商標です。

 

以上

本件に関する報道機関からのお問合せ先
NTTレゾナント株式会社 広報担当:pr@nttr.co.jp