会話を重ねて「あなた」を理解するパートナーに成長!ライフサポートアプリ「Haveroid by goo」を提供開始 ~ユーザーとの対話で興味関心を学習し、新たな「気づき」を提供~

お知らせ

2021年3月30日
NTTレゾナント株式会社

会話を重ねて「あなた」を理解するパートナーに成長!
ライフサポートアプリ「Haveroid by goo」を提供開始
~ユーザーとの対話で興味関心を学習し、新たな「気づき」を提供~
https://product.goo.ne.jp/haveroid/

 NTTレゾナント株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:楠木 健、以下NTTレゾナント)は、スマートフォン(以下スマホ)ユーザー向けのライフサポートアプリ「Haveroid by goo(ハベロイド バイ グー、以下ハベロイド)」を本日より提供開始します。
  1. 概要
 「ハベロイド」は、gooのライフサポートアプリ。アプリ内のキャラクター「千愛(ちあ)」「元貴(げんき)」がユーザーを迎えます。
 本キャラクターは、3DCGによる豊かなリアクションと、明るくポジティブなトークが魅力。ユーザーは、アプリからの案内を通じて、ニュースや天気などのgooが持つさまざまな情報へアクセスできます。さらに、音声またはテキストで話しかけることで、キャラクターとの対話を楽しめます。キャラクターは、対話を繰り返すことでユーザーの興味関心や生活パターンを学習し、好みのニュースを最適なタイミングでお知らせしてくれるなど、「あなた」専用のパートナーへと成長していきます。
 「ハベロイド」は、キャラクターとの対話を通じて、ユーザーの日常に便利さと楽しさを提供します。
  1. 特長

(1) 情報収集も、ちょっとした疑問も。ユーザーの日常をサポート。

 「ハベロイド」は、「gooニュース」やQ&Aコミュニティサービス「教えて!goo for OCN」など、さまざまなサービスと連携。ユーザーとの会話の中で、必要なコンテンツを提案します。例えば、「東京のおすすめスポットは?」というユーザーの問いかけに対し、最近ニュースで話題のスポット情報や、関連するQ&A投稿などを案内します。

(2) 会話するごとにユーザーへの理解を深め、「あなた」専用のパートナーへと成長。

 本キャラクターは、ちょっとした雑談や、ユーザーへの理解を深める問いかけを通じて、「あなた」の興味や生活リズムを学習していき、日々レベルアップ。会話を重ねることで、「あなた」を理解したパートナーへと成長していきます。夜に「ハベロイド」と会話をすることが多い野球好きのユーザーに対し、その日あった野球の主要ニュースを夜にお知らせするようになるなど、ユーザーの好みや生活パターンに寄り添うことができるようになります。

(3) ユーザーによる育成で、キャラクターのトーク力が磨かれる。

 「ハベロイド」は、AIチャットボット共創プラットフォーム「goo botmaker」(*1)と連携。ユーザーは、キャラクターに話してほしいセリフをリクエストできます。リクエストされたセリフは、運営による承認を経てキャラクターの会話エンジンに反映されます。キャラクターは、ユーザーによる育成で、徐々に自然で柔軟な会話ができるようになります。

 「ハベロイド」の利用イメージは、以下の動画からもご紹介しています。
 https://youtu.be/awcahkrbMAo

  1. 利用方法
 「ハベロイド」は、下記よりダウンロードしてください。アプリはAndroid、iOSで提供し、無料でダウンロード・利用可能です。なお、「ハベロイド」の利用にはgooID(*2)が必要です。

公式サイト: https://product.goo.ne.jp/haveroid/

Andoroid:https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.ne.goo.haveroid 

iOS: https://apps.apple.com/jp/app/id1545913685

 
 Android                 iOS

※動作環境:Android7.0以上、iOS 10以上

  1. 今後について
 「ハベロイド」は、キャラクターコンテンツを持つ企業と連携し、「千愛」「元貴」以外のキャラクターを追加予定です。その他にも、「goo botmaker」連携による会話精度の向上など、機能の追加・改善を進め、ユーザーにとってより身近で、親しみを持てるサービスを目指していきます。

【補足】

(*1) 「goo botmaker」 (https://botmaker.goo.ne.jp/)
「goo botmaker」は、「goo」が本格公開に向けて取り組んでいる、誰もが簡単に利用しAIチャットボットを作成できるプラットフォームサービスです。AIチャットボットの基礎技術には、NTTレゾナントの独自技術「gooのAI」を活用しています。
「goo botmaker」は、2019年4月の発表以来、ノウハウの蓄積や権利関係の整理、法制度・倫理的な側面等に関する検証のために、キャラクターコンテンツを持つ企業などと、さまざまな共同プロジェクトを展開してきました。また、2020年10月からは、企業や団体向けに「goo botmaker for Biz」を開始。企業や芸能事務所が、ファンと「共創」し、エンゲージメントを高めるためのプラットフォームとして、共創型のAIチャットボットを提供しています。

(*2) gooID
gooIDは、「goo blog」「gooポイント」「gooメール」など、「goo」で提供する各種サービスをご利用いただくためのIDです。gooIDは無料で取得できます。 gooIDの新規登録はこちら

 

※ 記載されている会社名、サービス名および商品名は、各社の登録商標または商標です。

以上

本件に関する報道機関からのお問合せ先
NTTレゾナント株式会社 広報担当:pr@nttr.co.jp