クラウド型アプリ検証サービス「Remote TestKit」「STARWEST 2017」に出展

お知らせ

2017年9月26日
NTTレゾナント株式会社

クラウド型アプリ検証サービス「Remote TestKit」
「STARWEST 2017」に出展
https://appkitbox.com/testkit

 NTTレゾナント株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:若井 昌宏、以下、NTTレゾナント)は、クラウド型アプリ検証サービス「Remote TestKit」(※1)が、カリフォルニア州アナハイムで10月1日から6日(現地時間)の期間開催される「STARWEST 2017」に、10月4日~5日の2日間ブース出展します。「STARWEST」への出展は今年で3年目となります。

「STARWEST2017」は、モバイルアプリやモバイルサイトのテスト担当者や品質管理者向けのイベントで、期間中には100を超える講演が行われ、試験を行うための様々なツールやサービスが展示されます。

1.「STARWEST2017」出展概要について

1-1. 出展イベント :「STARWEST 2017」 Expo

1-2. 場所       :Disneyland Hotel
          1150 West Magic Way Anaheim, California 92802

1-3. 日時        :2017年10月4日(水)10時30分~18時30分
            2017年10月5日(木)10時30分~15時

1-4. 展示概要      : 展示ブースでは9月にリリースした複数端末の同時操作や高音質サウンド出力などを体験することができます。またオンプレミス導入のご相談もお受けいたします。あわせてgooラボで提供中の、UIレイアウトの崩れを自動でチェックするツール、AutoLayoutChecker(β)(*2)も展示します。

「STARWEST 2017」Expoの詳細はこちら: https://starwest.techwell.com/expo/about-expo 

【補足】
(*1) 「Remote TestKit」(https://appkitbox.com/ testkit/)

 「Remote TestKit」は、スマホアプリやスマホ用Webサイトをクラウド上で検証することができる開発者支援サービスです。利用者は実機を購入する必要がなく、クラウド上で約500機種以上のスマホ・タブレット端末の動作検証をすることができます。また、複数の端末に自動でテストシナリオを実施する「自動テスト」機能など、開発者を支援するさまざまな機能があり、検証を担当する皆さまの負担を軽減します。

(*2)AutoLayoutChecker(β)

 「AutoLayoutChecker(β)」はスマートフォンのサイトやアプリのUIレイアウトチェックツールです。NTTソフトウェアイノベーションセンタが開発したUIレイアウトテスト技術とNTTレゾナントのRemote TestKitを組み合わせたソリューションです。

 

※ 記載されている会社名、サービス名および商品名は、各社の登録商標または商標です。

以上

本件に関する報道機関からのお問合せ先
NTTレゾナント株式会社 広報担当:pr@nttr.co.jp

アーカイブ - その他サービス