Remote TestKit機能追加!自動テスト機能をクラウド環境で提供開始 ~テスト自動化ツールのクラウド化で、実機検証がより柔軟&手軽に~

お知らせ

2018年6月20日
NTTレゾナント株式会社

Remote TestKit機能追加!自動テスト機能をクラウド環境で提供開始
~テスト自動化ツールのクラウド化で、実機検証がより柔軟&手軽に~
https://appkitbox.com/testkit/

 NTTレゾナント株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:若井 昌宏、以下、NTTレゾナント) は、クラウド型検証サービス「Remote TestKit(リモート テストキット)」(*1)(以下、Remote TestKit)において、本日6月20日(水)よりモバイル向けアプリやWebサイトのテスト自動化ツール「Appium(アピウム)」(*2)を使った自動テストクラウド機能の提供を開始することをお知らせします。
 Remote TestKitではこれまでもAppiumや各種テストツールと連携が可能でしたが、連携にはユーザー自身で自動テスト環境の構築を行う必要があり、この作業が難しいという声がありました。そこで、今回の機能追加ではAppiumでの自動テストに必要な環境をクラウド化したことにより、ユーザーは自身で作成したスクリプトを使って簡単に自動テストができるようになりました。

 

「Appium自動テストクラウド」について 

【概要】 対応OS     :Android4.4以上(iOS対応は夏期を予定)
利用可能な料金プラン  :フラットプラン
価格                :フラットプラン料金に含む
導入コンサルティング  :自動テストの導入を検討しているユーザー向けの                   導入コンサルティングも対応可能(有償)
URL          :https://appkitbox.com/testkit/doc/appium/

【Remote TestKitで現在提供中の自動テスト機能比較】

 

Appium自動テストクラウドの使用イメージ

(*1) 「Remote TestKit」(https://appkitbox.com/testkit/)
「Remote TestKit」は、スマホアプリやスマホ用Webサイトをクラウド上で検証することができる開発者支援サービスです。利用者は実機を購入する必要がなく、クラウド上で約500機種以上のスマホ・タブレット端末の動作検証をすることができます。また、Appiumを使った自動テストクラウドや複数端末の同時操作 など、開発者を支援するさまざまな機能があり、検証における負担を軽減します。
(*2) Appium Appiumは、JS Foundationが提供する、モバイルアプリ・Webサイト向けに開発されたオープンソースのテスト自動化ツールです。
(*3) Remote TestKitでは、2018年6月現在、Selenium・Appium・Xcode・Calabash・Espressoなどと連携可能です。詳しくは公式ページの「FAQ」内「外部のテストツールとの連携について」をご確認ください。 ※記載されている会社名、サービス名および商品名は、各社の登録商標または商標です。

 

 

以上

本件に関する報道機関からのお問合せ先
NTTレゾナント株式会社 広報担当:pr@nttr.co.jp

アーカイブ - その他サービス